FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
得なこと 損なこと
損とか得というと、
安い物を高く売りつけられたとか、期待していったものが
自分が思ったより得るものが少なかったとか、
買いたいと思っていたものが思ったより安く手に入った、貰ったとか、
第三者が介入してそのような状態になる事の方が多いように思うのですが、
本当に損得をもたらすのは自分自身なんだという事を感じたのです。

去年の7月からマクロビオティックの学校に通ってます。
行き始めたきっかけは過去ブログに書いてますが、
本当にありがたいご縁で、ニューヨークロンドンでマクロビの
良き先生に巡り合えたから。
そして、そのクラスがとっても楽しい空間だったから。

こんなにご縁が深いのだから帰ったらちゃんと習ってみよう!
と、まずは一番に学校の事を調べ、
申し込みをしようと強い意志をもって帰国したのです。

ところが、ベーシックからレベル2を終了し、
最終レベルの受講段階に来ているにも拘らず
全過程を通してさほど楽しくもなければもっと学びたいという
意欲すら湧いてきていません。
「そんなんでよくまぁ~次のクラスに行こうと思っているわ、
時間もお金も勿体ない」と感じる人もいるかもですよね。

でもです、私はこの感情にどうアクションを取ろうとか考えないようにしたのです。
これは自分の中で「あきらめた」のではなく、
「これ」と決めて兎に角、向くか向かないかは分からなくても続けて行けば
自然と物事は深まり、熟成されて60歳を迎えるころにはそれなりに
形になっているんだと、やっと45年生きて来た末に学んだことなんです。

20代の時は、
「わたしの才能がピカッ!と光る、心からやりたいと思えるような
事が待っているはず」と根拠のない希望で次に向けてサッサと動いていました。

30代の時は、
20代の希望をあきらめきれず、社会経験も出来た今なら
その扉は開きかけくらいにはなっているはずだから、
あともう少し頑張って苦労すれば、何か開けるんじゃないか。
それにはまず、自分を知ることが大切!と
オーラソーマをレベル3まで受講しました。

ちょっと話が飛ぶようですが、
日本でのマクロビオティックの認識のされ方はまだまだ
誤解が多く、まるで宗教や菜食主義、病人食のように思われている
ところがあります。

マクロビオティックを始めたきっかけが病気やダイエットがきっかけという人も多く、
健康になられて、その効果を強く感じられた人が
家族や友人、知人に「いいからやってみて!」と元々健康に問題のない人
にまで食養の知識を押し付けたがため、効果が得られず
逆に体調を壊してしまう結果になり、
「マクロビオティックは全然美味しくないし、体調壊すし、盲信してる人多いし、ちょっと怖い世界」
と人間の持つ防衛本能から薄い知識が上手く巷に浸透してしまった
ところがあるように思うのですが。

わたしも実際そう思ってましたしね。

そういう事もあり、将来的にジャンルや食材を超えてマクロビオティック
というか、健康的な美味しいご飯の食べ方をお伝えできたらと思っています。

そこで最近お野菜を見ながら思ったのが、色々な色があるのだから
昔習ったオーラソーマの心理カラーの知識もマクロビオティックで習う陰陽五行や
九星気学に照らし合わせて見てみると面白いのかもしれないと思ったわけです。

だけど、残念なことにその知識も技術も生活に役立てていなかったために
自分の中でうっすい状態になっていて、
もう一回復習しないと使いものにならないのです。

20代で迷走して手当たり次第にやったこと、
30代で少し掘り下げて学んだこと、それらを専門的に深めなくとも
頭に入っていた知識だけでも日常的に活用し、周りの人達と共有し、
常にフレッシュな状態を保っていたら天職とは思わないものにでも
それらの知識をミックスしながら「オリジナル」が出来ていたわけです。

お金と時間を費やし全課程を修了したのに「私の天職には結びつかない」
とその後に役立てないと全てが無駄になってしまう。

道が違うと思っても、得たものは得たものとして新鮮な状態で手元に持っていられれば、
次々と新しい事にチャレンジしても、即座にその時にやっていることが
自分オリジナルという価値を持つという事にやっと気づいたのです。

取り敢えず、気付けただけ良かった。
来月のマクロビのレベル3の合宿が終わった後はオーラソーマの昔のテキストを
引っ張り出して、復習をしてみようと思います。

何歳で気がつこうと、行動を起こせれば時は決して遅くないと信じて(^ ^)。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ソソラ ソラ ソラ ♪ ぶぎぎのダンス. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。