FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクロビクラス in London
130505-01_20130710191928.jpg



今月からマクロビオティックのクラス全6回に

通う事にいたしまして(^m^)。


Natural Flow
http://maquicita.blog70.fc2.com/


なかなか、なっちゃんちのような家庭的で

ほっこりとして、自由な雰囲気のマクロビクラスは見つけられず、

どうしたものか・・・と多少の放置をしながらも

気には止めておりました。


ある日、友達が声をかけてくれたマクロビクラス。

授業内容も自分にとってもしっくりくるし。

でも日程が私のスケジュールとは合わない。

どうにか他に似たようなクラスは無いものか・・・と

またPCに向かって検索をし、時々見ていたとある

イギリスでマクロビのクラスをしているという方のブログを

久々にチェックしてみると正に!

自分の空いているスケジュールにドンピシャ!

アンド、内容も酷似のクラスを発見。 

アレアレ?と思って、当日お教室に伺った際、

マキ先生に確認すると、同じクラスでありました。

友人は先生の設定したスケジュールに合わせて行けない為、

開催可能人数を集めることで特設日を設けて頂いたようでした。


何はともあれ、来られてなにより♡


130505-02_20130710193912.jpg


お宅に入ると、ブログでチョロチョロと紹介されて

いたものを見てはいましたが、実際に見るのとは大違い。

イギリスのほっこりとした片田舎のお家のような、

それでいて個性的なインテリアが光り、明るい日差しが注ぐ

天窓が天井に広がり、誰をも直ぐに寛がせる

空間となっています。


130505-03.jpg


今日はマクロビの基礎知識を学ぶのがメインのクラス。

今まではお料理を作る工程で、マクロビオティックの

知識を聞かせて貰っていたので、

当然、学校に行く内容よりも実践で知識として

心に留めておきたい要点中心となっていましたが、

今回は「大まか」という事ではあったけれど、

多くの知識を得ることが出来て、

「知る」という事の楽しさを感じました。


お料理はほぼ毎日やること。

即実践で使える知識が増えるのは、当然楽しいです。


テーブルでの講義が終わると、今回はマキ先生がお料理を

しながら調理時のマクロビ的アドバイスを

シェアしてくださいました。

今回は講義に時間を割いているので、調理は見るだけ。

実際の調理をしながらの講義は次回からだそう。


130505-04.jpg


既に野菜たちは丁寧にカットされ、

下準備が済んでいます。

材料が並んだテーブルを見渡せば「丁寧」という

氣がそこにあるのが感じられます。


出来上がったお料理達もとってもキレイ。

丁寧に材料を切り、火にかけて調理する以外にも

色々なコツがある事が分かりました。

作業や工程が増えるという事ではなく結局、

「同じやるならこちらの方が、すべてに優しいよね?」

って調理法に変わる訳です。

もしかすると余計な作業が減る部分もある位。



130505-05.jpg
揚げたてキツネ色のひよこ豆のクロケット



130505-06.jpg
玄米に煎りたてのごま塩をかけて


口に入れた瞬間、分かりました。

「なっちゃんちで作って食べたマクロビの味だ!」

自分で作る時には「な~んとなくマクロビ」の

調理をしている訳で、それとは本当に全く違った味な訳です。

“マクロビの丁寧な味”です。

なっちゃんちでのお料理の時間が終わって、

皆で会食する時の雰囲気がフワッと体に蘇りました。

音楽を聴いて、その時を思い出すのと同じで、

味覚から当時の感覚を思い出したわけです。


130505-07.jpg


「分かったホイッ!」と知識を持ち帰って作ってみても

案外同じ味、似たような食感間が出せないのは

なっちゃんのマクロビクラスで経験済み。

それでもこれからの食生活にいいものはどんどん取り入れて、

体が喜ぶ美味しい食卓にしていきたい♡


マキ先生これから後5回、よろしくお願いいたしますm(^^)m。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ソソラ ソラ ソラ ♪ ぶぎぎのダンス. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。