FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べちゃってぇ~


以前友達に誘って貰い、ショッピングモールで

ランチをしました。

座って直にオーダーをし、ちょっとしてから

運ばれてきたマヨネーズトースト風のパン。

イギリスでこんなに早く出てくるのは珍しいな・・・と

思いつつ誰かがオーダーしたのかと思い、手を付けずに

話し込んでしばらくした後、誰も手を付けないので

「冷めちゃうからどうぞ先に頂いてください」

というと、私じゃないと全員の返事。

そうなると皆で「じゃ、これはランチに付いてくる

付け合せのパンなんじゃないか」「お店のサービスか?」

「いや、他のテーブルにはデフォルトで乗っている様子はない」と

いう話になり、一人が店員の人に確認してみると

私達のオーダーだと勘違いしたらしく、お皿を下げて行きました。

大分私達は話しこみ、放置していたのでパンは冷え冷え。

それをどうするのかと店員の人を目で追っていくと、

カウンターの中に居る人と少し話し、

カウンターの中の人はちょっと不機嫌な風。

そして一度下げたそのお皿をウェイターの男の子は

また私達のテーブルへ持ってきて、

「ミスオーダーになってしまったから食べちゃってください」と。

え?!いいの!!

私達はいいけど、これをオーダーした人は更に待つ事に

なるんじゃないかと・・・。



そして今日、土砂降りの一日。

車でショッピングモールにK氏の靴を見に行くと

どでかいショッピングモールにもかかわらず、

人で溢れかえり、ランチをしようにもどこも長い列。

並んで待つと言うのがあまり得意でない私は

そこを使わなければその先にはどうにもこうにも

進めないということでない限り

アッサリ方向転換します。


5人ほどオーダーを待てば良いカフェで簡単にランチをする事に。

サンドウィッチを頼み、温めてもらっている間

私が席を取りに行き、沢山の袋を持ってK氏が

帰って来ました。

「なんでそんなに一杯袋があるの?」と聞くと

「席が見つからない場合の時のためにテイクアウトにして

貰ったんだけど、中身を見ないと何が入っているのか

分からない」というので一つずつチェックしてみると

私のオーダーしたサンドイッチが二つ、

別々の袋に入っています。

K氏が「食べちゃっていいか?!」というので、

それはいかん!オーダーした人が待たされて居るかも

しれないから返してきた方がいいという言葉を受け、

K氏がレシートにオーダーが二つで精算されて

いないか確認、一つ分しか取られていないので

カウンターへもって行きました。

そのやり取りを見ていた私。

カウンターの向こうに居るスタッフ二人は困ったような

迷惑そうな顔。

エ?!ありがとうじゃないんだ・・・ と思いながら

「なんだって?」と戻ってきたK氏に聞くと

「何か内側でゴチャゴチャやってたから

置いて戻ってきちゃったから分からない」 と。


そういえば、イギリスに住んでいる人のブログを読んで

居た時に、宅配でオーダーしたものが届き、

中身を見てみるとオーダーしてない物が紛れていたので、

問い合わせをすると、既にオーダーした人から

クレームの電話が来たので、そちらには別の物を

配達したからそれは食べていいと言われたという内容を

読んだ事があったなぁ~と思い出しました。


国が変われば善意も変わるのか?

ミスオーダーが自分の手元に来た時は食べてしまった方が

オーダーを取った人や運んできた人の面子を

潰すことなく、ただ「オーダーが通っていなかった」と

誰の責任にもならずに丸く治めることが出来るのか・・・。

そうなると、オーダーが通ってなくて、待たされる側は

どうなるんだろうか・・・。

ん?!そう言えば、同じこのショッピングモールにある

タイレストランで食事をした時、明らかにオーダーが

通ってなくて待たされたことがあった。

あれはどっかのテーブルに運ばれて、

私達が待たされていたのか??


友達と食事したのも、今日のカフェも、

以前のタイ料理屋も店は違えど同じショッピングモール。

このショッピングモール内での多発事項と捉えればいいのか、

イギリスの国民性として捉え、食べてしまった方が

風土的には上手く回ることになっているのか?

いやいや正義に国境はない、揺るぐはずがないでしょ、

それに善意の基準はそういう事では・・・



ん~、イギリスに住んで行く上での考えどころですぅ。。。




食べちゃうっかなぁ~♪
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ソソラ ソラ ソラ ♪ ぶぎぎのダンス. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。